ヴァイオリンカフェ

ヴァイオリンという楽器について、主にその誕生について調べています。

年輪年代学とヴァイオリン

 

f:id:pistacio54:20210111074719j:plain

"Tree Rings" by pellaea is licensed under CC BY 2.0

   およそ450年前、アンドレア・アマティはフランス王シャルル9世のためにヴァイオリン(とヴァイオリン属の楽器)を作りました。そのヴァイオリンは、ヴァイオリンと呼ばれた楽器の集大成とも完成形とも言えるものでした。ストラディヴァリが生まれる80年以上前のことです。美しい装飾の施された楽器は現在も残っています。残されたもの全てではありませんが演奏可能です。

本当に?そんなに古い楽器が?本物なの?「テセウスの船」だったりしないの?こんな疑問が湧いたりしないでしょうか。

それらの楽器がどうして「それ」とわかるのでしょう。

 

 

 

楽器を特定すること

ラベルを見る

   楽器にはたいていラベルが付いていますから、まずはそれが参考になります。ラベルには製作者名、製作地、製作年代が書かれています。(量産品などでは製作者名でなくブランド名や品番、型番などが入っています。)

   ラベルが楽器製作当初のままであればこれで十分なはずです。ですが、例えばガスパロ・ダ・サロのように製作年代が書かれていないラベルや、インクが薄れたり汚れたりして読み取れなくなっているラベルもあります。

   さらに残念なことに、オリジナルのラベルが後の時代になって剥がされたり貼り替えられたりしてしまい、本体とラベルが一致しない楽器もあるのです。やむを得ない事情というより悪意ある意図によるものと思われます。こんな可能性もあるのでラベルを参考にするのにも注意が必要です。

 

詳細に観察する

   やはり、何より大切なのは言うまでもなく本体の観察です。全体のパターンやニスに始まり、特徴の現れる部分の形状や材質、仕上げ具合、サイズの計測など細かな観察をして、年代や地域、製作の流派(スクール)などを判断するのです。

   著名な製作者の楽器は図鑑や博物館の資料、オークションのカタログ、ディーラーのカタログ、弦楽器専門誌などで取り上げられているので、よい参考になります。 ちなみに楽器を特定する判断材料に「音」はありません。

   ヴァイオリンは骨董品や芸術作品とは言えないと思いますが、それらと同じように製作者の特定や価値の判断には、知識と経験による総合的な判断が必要なのです 。

   とはいえ、新たに文書が発見されるなどして、それまでの定説?が覆されることもないわけではありません。例えば、ガスパロ・ダ・サロの生年がわかったことで、それまで楽器の形状などから考えられていたガスパロの製作年代がもう少し新しいことがわかりました。そして「アンドレア・アマティはガスパロ・ダ・サロの弟子である」という説も否定されました。

 

年輪年代学による分析をする

   近年、判断材料として取り入れられてきたものに、年輪年代学による分析があります。ヴァイオリンの表板材として使われているスプルースについて、その年代を測定するのです。スプルースはヴァイオリンに限らずヴィオールや他の弦楽器にも広く使われてきた木材です

   調べようとする楽器の表板の年輪幅を一つひとつ測り、その変遷のパターンを物差しとなるパターンに照らし合わせて一番新しい年輪の年代をわりだします。ヴァイオリンの場合、同じ木から柾目にとった2枚の板を接ぎ合わせて使うのが一般的で、2枚とも接ぎ目になる側が木の外側(木の皮に近い側)になるようにしてあるので、一番新しい年輪は楽器の真ん中にあることになります。

   仮に一番新しい年輪が1645年のものだったとすると、その楽器は1645年以降に作られたということになります。実際には製材する過程で失われる年輪もあり、すぐに使われたとも限らないので、1645年「以降」というのですね。

   16世紀製作のラベルを持ちながらも、その古さについて疑いを持たれていた楽器の表板が、年輪年代の測定でもっと新しいものであると分析されたが、他の部分の特徴が示す製作年代には合致した、ということもあります。(現在のところ裏板やネックの材料については年輪年代の測定はできないようです。)このケースでは年輪年代測定によって知識と経験による判断の正しさや信頼性が補強されたと言えるのでは無いでしょうか。

   最近では鑑定書と一緒に年輪年代学の報告書が付いている楽器もあるそうです。

 

シャルル9世の楽器の表板

    シャルル9世の楽器はどうなのか、気になりますよね?

本当に450年前の楽器と言えるのかどうか。

   アンドレア・アマティの楽器も年輪年代学によって分析されました。シャルル9世の楽器を含むアンドレアの楽器5挺について同じ原木が使われていること、その原木の年代が考えられている製作年代に合致していることが報告されています。スプルースは充分古いものでした。ここからまた新たな疑問や考察が生まれているようです。

   アンドレアの楽器の表板は、接ぎのない1枚板だったり、2枚接ぎでも先に述べた「一番新しい年輪は楽器の真ん中にある」ものに限らなかったり、年輪の向きは様々でした。それも試行錯誤の内なのかどうか、、、は分かりません。

「シャルル9世のヴァイオリン」以前

f:id:pistacio54:20201224184846j:plain
f:id:pistacio54:20201224190024j:plain
f:id:pistacio54:20201224185302j:plain
左から ラファエロ 聖母戴冠の祭壇画 1502〜1504/ペルジーノ アンヌンツィアータ 大聖堂のための祭壇画 1510/ガウデンツィオ・フェラーリ 奏楽天使 1535

 

 「シャルル9世のヴァイオリン」以前のこと

   ヴァイオリンという楽器を今日私たちの知る形にまとめ上げたのがクレモナの楽器製作者アンドレア・アマティでした。アンドレアはフランス王シャルル9世のために多くの楽器を作り、その一部が現在まで残っています。

 

   ところでフランス王室にイタリアのヴァイオリンが紹介されたのは1555年頃と言われています。ピエモンテを統治していたフランス元帥が、ヴァイオリニストのボジョワイユーとヴァイオリンの楽団を派遣したというのです。フランスがピエモンテを占領していたのは1551年から1559年ですから、時期も合います。

   

   この時のフランス王はアンリ2世、王妃はカトリーヌ・ド・メディシスでした。アンリ2世はシャルル9世の父で、シャルル9世の即位は1560年ですから、この時期、シャルル9世のヴァイオリンはまだ作られていなかったということになります。

 

ヴァイオリンとヴァイオリニストの登場

   ボージョワイユーと楽団の持っていた楽器が、アンドレア製作のものだったかどうか、そうだったとしてわたしたちの知っている完成形だったかどうかは、わかりません。

   どうであれ、1555年頃には既に「ヴァイオリン」や「ヴァイオリニスト」が存在し認知されていたと考えなければなりません。

 

   ここで一つ確認しておきたいことがあります。「ヴァイオリン」は何をもってヴァイオリンと認められるのか、ということです。

   アンドレアの楽器を先人たちの様々な試行錯誤の上の集大成とするなら、その試行錯誤のどこからをヴァイオリンと呼ぶことにするのかです。ただ、あまり厳密に規定しようとすると迷宮にはまりそうなので、ここでは、4弦5度調弦、指板にフレットのない弓奏擦弦楽器ということにします。

 

   試行錯誤中、発展途上の楽器は残っていないようです(無い、とは言い切れないかもしれませんが、、、)。おそらくアイディアが生まれてから完成形の出現までの期間が短かったため絶対数が少なかった、あまり丁寧に扱われることもない環境にあり完成形の普及に伴い失われてしまった、と思われます。

 

文書や絵画に残されたヴァイオリンなど

   この時期のヴァイオリンが残っていないのは残念ですが、楽器に関する記録は見つけることができます。

 

   早いものでは1520年代から、ヨーロッパ各地の宮廷の文書の中にヴァイオリンという記述があったり、具体的にヴァイオリニストの名前が挙げられたりしています。

   文書中のヴァイオリンが先ほどの定義に当てはまるかどうか確かではありませんが、既存の楽器と区別されヴァイオリンと呼ばれる楽器があったということは事実でしょう。

 

   また、音楽理論家の著作の中にはそれらしい楽器の図版や、ヴィオールとの違いをふくめた詳しい解説などが見られます。

 

   1500年代前半の絵画の中にもヴァイオリンやヴァイオリンにつながりのありそうな楽器を見つけることができます。

   天使が楽器を奏でる構図は教会の祭壇画などによく見られ、楽器も細かく描かれています。中世のフィドル、ハープ、リュート、レベック、ヴィオラダブラッチョなどなど。

 

   1600年代になると、もっとはっきりとヴァイオリンと言えるような図版や絵画が見つかります。アマティの完成形以降、もっとヴァイオリンが普及したからでしょうか。

 

   どうやらヴァイオリン誕生は1520年代あたりまでは遡れそうです。

フランス王室のヴァイオリニスト

 アマティ家は3代にわたってフランス王室のために楽器を作りました。国王の紋章やモットーなどが美しく描かれた楽器です。そのうちのいくつかは現存していて博物館などに保存されています。では、フランス王室はどこでアマティ家の楽器のことを知ったのでしょう。フランス国内でもなく、古くから楽器製作が行われていたわけでもない北イタリアはクレモナの製作者のことを、どうして知ったのでしょう。

f:id:pistacio54:20201209060033j:plain

 

イタリア出身の王妃カトリーヌ・ド・メディシス

   冒頭の疑問に関して、よく取り上げられるのがカトリーヌ・ド・メディシス(カテリーナ・ デ・メディチ)の存在です。

   カトリーヌはフランス王アンリ2世の王妃で、フランソワ2世、シャルル9世、アンリ3世の母です。アンリ2世亡き後、即位した息子たちの摂政として王室で長い間権力を握りました。文化的に進んでいたイタリアから様々な文物をフランスへ持ち込んだとされています。

   メディチ家はルネサンス芸術最大のパトロンと言われるフィレンツェの富豪でした。カトリーヌもフランス宮廷にあって、広い分野でパトロンとして活動しました。ですから、音楽家や当時の王侯の嗜みでもあったダンスの教師などを通じてアマティ家のことを知ったのではないか、というわけです。

 

バルタザール・ド・ボージョワイユー

キリスト教世界最上のヴァイオリニスト

  ここで興味深い記述をご紹介しましょう。

ブリサック元帥は、ヴァイオリンだけのオーケストラを編成していたが、ブラントームはそれを褒めちぎっている。「そのヴァイオリニストたちを高く評価された今は亡き王アンリとその王妃は、スコットランドの小さなリベカしか演奏できない役たたずのお抱え楽師たちの教育をして欲しい旨、元帥殿に申し込まれた。」この楽隊の花形は、ブラントームによると『キリスト教世界最上のヴァイオリニスト』バルタザール・ド・ボージョワイユー(バルダッサリーノ・ダ・ベルジオジョーソ)で(後略)          マルク・パンシェルル  「ヴァイオリン属の楽器」より。          

   人名が次々出てくるので少し補足を。

   ブリサック元帥は、フランス元帥として1551年から1559年まで、イタリア戦争でフランスの占領下にあったピエモンテに知事として派遣されていた人物です。ピエモンテは、イタリア北西部アルプスの西の麓に位置する地域で、当時は、現在のフランスとイタリアにまたがるサヴォイア公国の領地でした。

   ブラントームは16世紀フランスの著述家です。フランスやヨーロッパ各地を漫遊し戦いにも参加したという、自身の豊富な体験や見聞を著しました。それらがまとめられ「回顧録」として出版されています。

   王と王妃はアンリ2世とカトリーヌですね。

   つまり、イタリアの占領地を治めていたフランスのブリサック元帥が、王室に、ベルジオジョーソという「キリスト教世界最上のヴァイオリニスト」とその楽団を紹介した、というお話です。そして、ベルジオジョーソは実際にフランス王室に仕え、国籍も得、ボージョワイユーと改名することになるのです。

振付師ボージョワイユー

   ボージョワイユーという名前は、ヴァイオリニストとしてはあまり知られていないと思いますが、ニューグローヴ音楽大事典にも、「1555年頃、ブリサック元帥がカトリーヌ・ド・メディシスの元へ派遣した楽団の団長」とあります。

   音楽家としても廷臣としても成功したようですが、ブラントームに褒めちぎられながらも、ヴァイオリニストとしてより、ダンス教師、振付師として名を残しています。バレエの歴史の記述には必ず登場する名前です。舞台監督・振付師として関わった1581年上演の「王妃のバレ・コミック」は、クール・ド・バレ(宮廷バレエ)の先駆け、オペラ発展への大きな一歩と言われています。

   こうしたフランスでの活躍は知られていますが、それ以前のことは、ミラノで活躍したポンペオ・ディオボーノの弟子だったということ以外分からないようです。

 

   それにしても、ヴァイオリンをどこで誰のもとで習得したのでしょう。ダンス教師はダンスを教えるに当たって小さなヴァイオリンのような楽器を使っていたようですが、楽団のヴァイオリニスト、「キリスト教世界最上のヴァイオリニスト」となれば尚更のこと、話は別でしょう。

   生年や出身もわかりません。実績をあげ名を残しながら、本人について不明な点が多いのは、アンドレア・アマティと同じですね。ボージョワイユーはアマティのヴァイオリンを知っていたのでしょうか、どんなヴァイオリンを使っていたのでしょうか。「シャルル9世のヴァイオリン」以前のヴァイオリンについて調べる必要がありそうです。

フランス王室とヴァイオリン

アンドレア・アマティがサン・ファウスティーノに工房を開き、息子のアントニオも一人前の職人になっていた1560年代。フランス王シャルル9世のために楽器がつくられました。大小2つのサイズのヴァイオリン24挺、ヴィオラ6挺、チェロ8挺、全部で38挺あったと言われています。弦楽アンサンブルもできるほどの楽器です。新しいヴァイオリンという楽器はどのように使われたのでしょう。当時のフランス王室の音楽環境に注目してみました

 

 

王室礼拝堂楽団シャペル

   フランス王室の最も古い楽団は、シャペルと呼ばれる王室礼拝堂附属の聖歌隊です。 14世紀にはすでに存在していた聖職者中心の男声のみ、伴奏楽器有りの声楽アンサンブルです。礼拝や宗教儀礼での演奏を担当しました。また、礼拝堂所属ですから、演奏以外に礼拝に関わる職務も持っていました。

 

   後のルイ14世の時代には、聖職者でない音楽家の受け入れや、演奏とそれ以外の職務の役割分化、オーケストラ(ヴァイオリン、ヴィオラ、バス、フルート、ファゴット、クルムホルンを含む)の導入などがあり、シャペルは王室礼拝堂の聖歌隊から宮廷楽長が率いる宮廷楽団へと組織としての性格を変えてゆきました。

 

室内楽団シャンブルと野外音楽隊エキュリ

   礼拝堂から宮廷へ、声楽から器楽の方に目を向けましょう。

16世紀前半、音の小さい楽器を中心に編まれたシャンブルという室内楽団と、音の大きい楽器を中心に編まれたエキュリという野外音楽隊がつくられました。

 

   シャンブルは宮廷内で演奏される世俗音楽全般を担当しました。基本的な編成は歌手と、クラヴサン、リュート、テオルボ、ヴィオールでしたが、時には合唱団やフルート、ヴァイオリンなど他の楽器奏者が加わることもありました。

 

   エキュリは野外でのパレードや祝祭、外交行事、戦時のファンファーレなどを担当しました。主にトランペット、オーボエ、ホルン、トロンボーン、太鼓などの管・打楽器奏者で組織されました。

封建社会から絶対王政へと変わっていった時代です、エキュリは、王権の示威や強化のために行われる大規模な入城式や祝宴で活躍しました。このような行事は祝祭本という図版付きの出版物に記録報道されることも多くありました。

 

「王の24のヴァイオリン」と「プティット・ヴィオロン」

   王室にはまた、シャンブル所属ではあったものの、独自の活動をしていた「王の24のヴァイオリン」と「キャビネ」という組織がありました。

   前者はその名前の通りヴァイオリン属の楽器による宮廷楽団(大楽団)、後者は王個人に雇われた音楽家たちで、音楽教師、王の私的な楽しみのためのフランス人演奏家、理由があって非正規雇用になった外国人(多くはイタリア人)音楽家、そして「プティット・ヴィオロン」と呼ばれる弦楽アンサンブル(小楽団)でした。

 

   これらの楽団が出来たのはシャルル9世の時代より少し後になりますが、アマティ家のヴァイオリンが楽団をつくっていたはずです。その存在を知られ始めた頃、乞食の持ち物とまで蔑まれたヴァイオリンが、宮廷楽団の一員になったのです。

 

   「王の24のヴァイオリン」は有名になり、ヨーロッパの宮廷で模倣されるようになりました。

 

アンドレアはシャルル9世のための楽器を作りましたが、アントニオとジロラモ兄弟作のアンリ4世の紋章が描かれたヴァイオリンや、ニコロ作の象嵌細工が美しいルイ14世と呼ばれているヴァイオリンも残っています。

 

f:id:pistacio54:20201124132618j:plain
f:id:pistacio54:20201124132628j:plain

National Music Museum より  

アンドレアのチェロ 「the King」と 兄弟のヴァイオリン「King Henry IV」

   ヴェルサイユ宮殿に保管されていた王室の楽器は、フランス革命の時に破壊されたとも失われたとも言われています。現存する楽器はどんな経緯で難を逃れたのでしょう。どこかに人知れず保管されたままの楽器があるのでは?と私は夢想しているのですが。

アマティ家 〜クレモナ派の創始者一族の200年〜

    

ヴァイオリンを完成された形に作り上げたアンドレア・アマティ。クレモナのヴァイオリン製作の街としての歴史がここから始まります。

 

 

 

 初代アンドレア・アマティ   クレモナ派の始まり

   アンドレアは(推定)1505年生まれ。1539年にサン・ファウスティーノ地区に工房を開きます。出生の記録は無いものの、この物件を借りた記録は残っています。時、この地区には木工職人や金細工職人など優れた職人たちの工房が集中していました。アンドレアは独立前、ヴェネツィアから来た弦楽器製作工房を持つ金融業者マルティネンゴの徒弟だったと考えられています。

 

   現存するアンドレアの楽器には、複数のフランス宮廷(シャルル9世)のために作られた装飾楽器があります。大小2種類の大きさのヴァイオリン、ヴィオラ、チェロが現存します。この装飾は絵の具や金泥を使ったテンペラでフランス王の紋章やモットーなどが描かれています。テンペラ画の装飾はアマティ工房ではなく外部の仕事といわれています。

   これらのヴァイオリン属の楽器はアンドレアとしては晩年の作品ということになりますが、若い時代の作品はヴァイオリンに限らず見つかっていません。

 

   アンドレアについで息子たちも工房で働くようになります。1556年時点でアントニオは弦楽器製作者として兵役対象者の名簿に名前が載っています。

 

 

2代目アントニオとジロラモ   兄弟の関係はどうだったのだろうか

   1577年末にアンドレアが亡くなり、ふたりの息子アントニオとジロラモが相続人になって仕事を受け継ぎました。

   アントニオは(推定)1540年生まれ、ジロラモは(推定)1560年生まれ。父アンドレアと同様に、兄弟共に出生の記録が見つかっていないので、他の記録からの推定になるのですが決定的なものは無いようです。

   この推定が正しいなら、ふたりは共に修行をした仲間というより、師弟に近かったと思われます。ただ、ふたりの年齢はもっと近かったという説もあります。どうであれ兄弟は兄弟、一緒に仕事をし、製作した楽器にはふたりの名前の入った「Antonius & Hieronymus Fr. Amati」というラベルをつけていました。ラベルはイタリア語ではなくラテン語で、ヒエロニムスというのはジロラモのことです。

   しかし1588年に、ジロラモがアントニオの権利を買い取り、アントニオは工房を去ってしまいます。結局アマティ工房はジロラモが継承したことになるのですが、兄弟の名前のラベルはずっと使われていきました。ジロラモに思うところがあったのか、「アマティ兄弟」がひとつのブランドになっていたからなのか、想像を巡らせることしかできません。

 

 

3代目ニコロは製作の頂点を極め、初めて一族外の徒弟をとる 

   アマティ家3代目にして最大の製作者といわれるニコロは、1596年クレモナで生まれました。ジロラモの息子です。ニコロが生まれた時、祖父アンドレアはすでに故人となっており、伯父のアントニオも工房を去っていました。おそらく早い時期からニコロも父の元で楽器製作の修行に励んだことでしょう。

   ニコロは才能を開花させ父の右腕となりますが、1630年に両親と妹を亡くしてしまいます。この頃は戦争や疫病の流行、飢饉などヨーロッパでは厳しい状況が続いていました。

   伯父アントニオも、後継ぎかと思われた兄も、もっと前に亡くなっていたので、ニコロがひとりで工房を続けることになります。そして家業であり門外不出であったヴァイオリン製作を、徒弟をとって一族以外の者に伝える決断をくだします。

   記録のある徒弟はふたり、ジャコモ・ジェンナーロと、グァルネリ一族の祖アンドレア・グァルネリです。アンドレア・グァルネリは1645年にニコロが結婚した時に、その証人にもなっています。

   ストラディヴァリやルジェリなど、他にも弟子だった可能性のある製作者はいますが、はっきりとしたことがわかっているのは先にあげたふたりだけです。

   ニコロの決断が当時のアマティ家にとって喜ばしいものだったかどうかは分かりませんが、これがなければ今日のヴァイオリンどころか音楽事情も、もっと違ったものになっていたでしょう。

   ながくクレモナの弦楽器製作業界に強い影響を与え続けたニコロは、1684年に亡くなります。

 

 

4代目の憂鬱 ジロラモ2世 

   アマティ家4代目は、祖父の名前を継いだジロラモ2世です。ジロラモは1649年生まれ。彼が工房を継いだ時、ヴァイオリン製作はもうアマティ家だけのものではありませんでした。

   アンドレア・グァルネリやストラディヴァリは独立して仕事をしていました。またクレモナから他の都市に移っていった製作者たちもいました。こうしてヴァイオリン製作は広まっていったわけですが、アマティ家の方はニコロによってピークに達したのち徐々に衰退していきます。

   4代目のジロラモ2世は腕の良い職人ではありましたが、ひとり息子と妻を相次いで亡くし、ライバルの多い中なんとか盛り返そうとした工房経営にも行き詰まり、クレモナを離れることになってしまいます。細々と楽器を作り続けていたジロラモが、ようやくクレモナに戻ったのは20年近く後のことでした。その後に製作された楽器もわずかながら残っています。

   ジロラモは再婚せず、跡取りもないまま 1740年に 90年の生涯を閉じました。

   こうして200年続いたヴァイオリン製作の名家、アマティ家の歴史が終わりました   

 

 

いかがでしたか。次回はフランス王家とアマティ家の関わりについて考えてみたいと思います。